•  商品情報については、別ブログ champool daily news http://champool-daily.seesaa.net/ を開設しましたので、そちらもごらんください。
  •  週刊便り“晴耕雨読”、加工品リストなどはPDFファイルにてアップしています。

2012年09月17日

●「内部被ばくを生き抜く」上映会+講演会in相模原市●



 0917.jpg


【日時】
 2012年 9月 17日 (月曜日)
【会場】
 東林公民館/神奈川県相模原市南区相南1-10-10
               http://goo.gl/maps/xYT4c




【プログラム】
 14時 開場
 14時30分 映画上映開始 16時 上映終了 
 16時15分ごろ〜
  佐々木るりさん講演+ディスカッション
 18時ごろ終了予定
【参加費】
 おとな:1200円 高校生:200円 中学生以下無料
【主催】こどもまもりたい  http://members3.jcom.home.ne.jp/5539mpym/
                 http://ameblo.jp/hirohaco/
 インターネットでの申し込みはこちらから
http://members3.jcom.home.ne.jp/5539mpym/study_meeting.html#9月上映会




福島第一原子力発電所の事故で放出された、大量の放射性物質は、世界中に拡散し、あっという間に、農作物に入り込み、牛に、魚に入り込みました。
しかも、今もまだ事故は収束せず、放射性物質の放出は続いています。
放射性物質を、呼吸や食品を通じて体内に取り込むことで引き起こされる「内部被曝」。
内部被曝によって、これから、いったい、どんなことがおきるのか? 
子どもたちは大丈夫なのか?

この映画は、放射能汚染や、被曝、原発の問題を追求し続けている鎌仲ひとみ監督作品。
鎌仲さんは、放射線被曝に関する医療活動を継続してきた4人の医師へ「内部被曝」についてさまざまに問いかけます。
そして、福島県二本松市で暮らし続けることを決めた家族の日常にも目を向け、その事実を私たちに見せてくれます。

映画上映後にお話しいただく佐々木るりさんは、この作品に登場する、二本松で暮らし続けることを決めた、そのひとです。


どうしたら、子どもたちを被曝から守ることができるのか。
内部被曝に、どうやって立ち向かっていったらいいのか。
放射能を、内部被曝を、そして、福島を、考え、語り合うきっかけにしたい、と、
この映画の上映会と講演会を企画しました。

小・中・高校生のみなさんも、ぜひおいでください。
みなさまのご参加をお待ちいたしております。
     0917-2.jpg

佐々木るり さん プロフィール
福島県二本松市にある、真行寺と、隣接する敷地内で同朋幼稚園を営んでいます。
2011年9月にNPO法人TEAM二本松を立ち上げ、子どもを被曝から守るため、食品放射能測定、除染、一時避難の支援、内部ひばく検査等の活動に取り組んでいます。
5人の子どもの母親。


神奈川新聞に掲載されました。

KANAGAWA 20120828 (Medium).jpg






2012年08月28日

再掲 震災からの再出発  みどりのエネルギーと暮らし

 
20120831-1.jpg

                     20120831-2.jpg

  原発事故を経験し、再生可能エネルギーへのシフトが進む日本の現在について、ミツバチの羽音と地球の回転、六ヶ所村ラプソディーなど数々の原子力 に関わる映画を独自の視点から作成してこられた映画監督に、たっぷりとお話いただき ます。
 また、京都からNGO e-みらい構想の長谷川羽衣子代表をお招きし、脱原発や緑の党運動の最前線のお話をうかがいます。
 さらに、地元藤野からは、藤野電力メンバーの池辺潤一さんをお招きし、地元の自然エネルギー開発や電気の自給に向かう藤野電力の地域活動についてのお 話をうかがいます。


〜震災からの再出発〜 みどりのエネルギーと暮らし
【日時】 2012年8月31日(金) 18:00〜20:30
【場所】 サンエール相模原 ホール 電話 042(775)5665
【アクセス】 京王線・JR横浜線橋本駅より徒歩10分  http://sunyell-sagamihara.jp/         無料駐車場有り
【参加費資料代】 500円                      
【プログラム】
@ 「私たちが選ぶエネルギーの未来」 講師 鎌中ひとみ さん(映画監督)
A 「我が家は節電所」 提案者 長谷川羽衣子 さん (NGO e-みらい構想 代表)
B 「藤野電力の試み」 提案者 池辺潤一さん (藤野電力メンバー)

【主催】 桂川相模川流域協議会 エネルギー専門部会
【共催】 あいかわ自然ネットワーク、イヤーゲームの会、グループ風、八百屋 チャンプール      市民科学会議@ひらつか、東林間放射能測定室、緑の政治フォーラム かながわ

【お申し込み・お問い合わせ】 神奈川県環境農政局水・緑部水源環境保全課内     
電話:045-210-4358  FAX:045-210-8855
山梨県富士・東部林務環境事務所環境課内    
電話:0554-45-7811 FAX:0554-45-7807 電子メール yukine6936@yahoo.co.jp (桜井)

※流域協議会は、桂川相模川流域の数多くの市民・市民団体が主体的に  山梨・神奈川両県や流域市町村、事業者とパートナーシップを結び活動してい ます。

<プロフィール>
鎌仲ひとみ(kamanaka Hitomi)〜映像作家〜早稲田大学卒業と同時にドキュメンタリー映画制作の現場へ。 90年最初の作品「スエチャおじさん」を監督、同年文化庁の助成を受けてカ ナダ国立映画制作所へ。 93年からNYのペーパータイガーに参加して メディア・アクティビスト活動。 95年帰国以来、フリーの映像作家としてテレビ、映画の監督をつとめる。主にNHKで「エンデの遺言―根源からお金を問う」など番組を多数監督。 2003年ドキュメンタリー映画「ヒバクシャー世界の終わりに」を監督。国内 外で受賞、全国400ヶ所で上映。2006年「六ヶ所村ラプソディー」は国内外650ヶ 所で上映。 2010年に最新作「ミツバチの羽音と地球の回転」を完成、目下全国500ヶ 所、海外でも上映が進んでいる。2011年度全国映連賞・監督賞受賞。 2012年DVD「内部被ばくを生き抜く」発売開始。多摩美術大学非常勤講師。 著作に「ヒバクシャ ドキュメンタリーの現場から」「六ヶ所村ラプソディー ド キュメンタリー現在進行形」共著に「ドキュメンタリーの力」「内部被曝の脅 威」「今こそ、エネルギーシフト」など。
長谷川羽衣子(Hasegawa Uiko) 〜e-みらい構想 代表〜奈良女子大学卒業、上智大学大学院修士課程修了。2011 年3 月の震災と原子力 発電所の事故を受け、若手研究者・学生などと共に、持続可能なエネルギー・環 境の研究・実現を目的としたNGO 「e-みらい構想」を設立、代表を務める。 2012年3月10 日、6000 人が参加した脱原発集会&デモ「バイバイ原発3.10 京 都」の呼びかけ人のひとり。 大飯原発再稼働問題では、原発のない社会を住民と共に考えるため、地元おおい 町で「もうひとつの住民説明会」を開催したほか、現地に何度も赴き対話を続けた。著書に『原発ゼロ〜私たちの選択〜』かもがわ出版、2012 年(共著:安斎 育郎・飯田哲也・大島堅一・長谷川羽衣子)
池辺潤一(Ikebe Junichi )〜藤野電力メンバー〜持続可能なライフスタイルをデザインする建築設計士。トランジション藤野メンバー 藤野地域通貨「よろづ屋」運営事務局藤野電力とは、自然や里山の資源を見直 し、自立分散型の自然エネルギーを地域で取り組む活動です。そして目指 すも のは、エネルギーシステムの移行自体より、むしろそれによってもたらされる、 地域の豊かな未来なのです。



2012年08月09日

8月31日 みどりのエネルギーと暮らし 


 8月31日(金)に開催されるイベントの紹介です。
 場所は相模原市の橋本にて。

 映画監督の鎌仲ひとみさんが「私たちが選ぶエネルギーの未来」と題して講演。

 緑の党 共同代表に就任した長谷川羽衣子さんの「我が家は節電所」
 藤野電力の池部潤一さんの「藤野電力の試み」と題したお話もあります。

参加申し込みは・・・
 神奈川県環境農政局・緑部 水源環境保全課内 桂川相模川流域協議会事務局
 TEL 045-210-4358 FAX 045-210-8855

 チャンプールも東林間測定室も共催に名前を連ねていますが、仕事に都合をつけられるかどうか・・・


みどりの1.jpg 
          みどりの2.jpg

みどりのエネルギーと.pdf


2012年05月02日

6/9 「エネルギーは市民が選ぶ・創る時代へ」


 「エネルギーは市民が選ぶ・創る時代へ」と題して 藤野電力代表 小田嶋さんにお話しを聴く会を催します。

 藤野電力とは、中央集権化したエネルギーどう自分たちのものに取り戻していくかをテーマに活動する相模原市緑区藤野のグループです。
 詳細は、
      http://fujinodenryoku.jimdo.com/藤野電力とは/ を参照してください。

 代表の小田嶋さんに、お話しをお聴きします。

6月9日(土)14:00〜16:00
町田市 コメット3Fホール


0609 1.jpg

           0609 2.jpg

講演会チラシ.pdf
講演会チラシ_裏.pdf


「福島 六ケ所 未来への伝言」の監督 島田恵さんと話そう



 5月19日(土)の開催です。13:00〜16:00
 ところは相模原市南区東林公民館。

 スペースにかぎりがありますので、酸化申し込みをおねがいします。
0519 .jpg

              0519 2.jpg

チラシ0519.pdf


2012年09月17日

●「内部被ばくを生き抜く」上映会+講演会in相模原市●



 0917.jpg


【日時】
 2012年 9月 17日 (月曜日)
【会場】
 東林公民館/神奈川県相模原市南区相南1-10-10
               http://goo.gl/maps/xYT4c




【プログラム】
 14時 開場
 14時30分 映画上映開始 16時 上映終了 
 16時15分ごろ〜
  佐々木るりさん講演+ディスカッション
 18時ごろ終了予定
【参加費】
 おとな:1200円 高校生:200円 中学生以下無料
【主催】こどもまもりたい  http://members3.jcom.home.ne.jp/5539mpym/
                 http://ameblo.jp/hirohaco/
 インターネットでの申し込みはこちらから
http://members3.jcom.home.ne.jp/5539mpym/study_meeting.html#9月上映会




福島第一原子力発電所の事故で放出された、大量の放射性物質は、世界中に拡散し、あっという間に、農作物に入り込み、牛に、魚に入り込みました。
しかも、今もまだ事故は収束せず、放射性物質の放出は続いています。
放射性物質を、呼吸や食品を通じて体内に取り込むことで引き起こされる「内部被曝」。
内部被曝によって、これから、いったい、どんなことがおきるのか? 
子どもたちは大丈夫なのか?

この映画は、放射能汚染や、被曝、原発の問題を追求し続けている鎌仲ひとみ監督作品。
鎌仲さんは、放射線被曝に関する医療活動を継続してきた4人の医師へ「内部被曝」についてさまざまに問いかけます。
そして、福島県二本松市で暮らし続けることを決めた家族の日常にも目を向け、その事実を私たちに見せてくれます。

映画上映後にお話しいただく佐々木るりさんは、この作品に登場する、二本松で暮らし続けることを決めた、そのひとです。


どうしたら、子どもたちを被曝から守ることができるのか。
内部被曝に、どうやって立ち向かっていったらいいのか。
放射能を、内部被曝を、そして、福島を、考え、語り合うきっかけにしたい、と、
この映画の上映会と講演会を企画しました。

小・中・高校生のみなさんも、ぜひおいでください。
みなさまのご参加をお待ちいたしております。
     0917-2.jpg

佐々木るり さん プロフィール
福島県二本松市にある、真行寺と、隣接する敷地内で同朋幼稚園を営んでいます。
2011年9月にNPO法人TEAM二本松を立ち上げ、子どもを被曝から守るため、食品放射能測定、除染、一時避難の支援、内部ひばく検査等の活動に取り組んでいます。
5人の子どもの母親。


神奈川新聞に掲載されました。

KANAGAWA 20120828 (Medium).jpg






2012年08月28日

再掲 震災からの再出発  みどりのエネルギーと暮らし

 
20120831-1.jpg

                     20120831-2.jpg

  原発事故を経験し、再生可能エネルギーへのシフトが進む日本の現在について、ミツバチの羽音と地球の回転、六ヶ所村ラプソディーなど数々の原子力 に関わる映画を独自の視点から作成してこられた映画監督に、たっぷりとお話いただき ます。
 また、京都からNGO e-みらい構想の長谷川羽衣子代表をお招きし、脱原発や緑の党運動の最前線のお話をうかがいます。
 さらに、地元藤野からは、藤野電力メンバーの池辺潤一さんをお招きし、地元の自然エネルギー開発や電気の自給に向かう藤野電力の地域活動についてのお 話をうかがいます。


〜震災からの再出発〜 みどりのエネルギーと暮らし
【日時】 2012年8月31日(金) 18:00〜20:30
【場所】 サンエール相模原 ホール 電話 042(775)5665
【アクセス】 京王線・JR横浜線橋本駅より徒歩10分  http://sunyell-sagamihara.jp/         無料駐車場有り
【参加費資料代】 500円                      
【プログラム】
@ 「私たちが選ぶエネルギーの未来」 講師 鎌中ひとみ さん(映画監督)
A 「我が家は節電所」 提案者 長谷川羽衣子 さん (NGO e-みらい構想 代表)
B 「藤野電力の試み」 提案者 池辺潤一さん (藤野電力メンバー)

【主催】 桂川相模川流域協議会 エネルギー専門部会
【共催】 あいかわ自然ネットワーク、イヤーゲームの会、グループ風、八百屋 チャンプール      市民科学会議@ひらつか、東林間放射能測定室、緑の政治フォーラム かながわ

【お申し込み・お問い合わせ】 神奈川県環境農政局水・緑部水源環境保全課内     
電話:045-210-4358  FAX:045-210-8855
山梨県富士・東部林務環境事務所環境課内    
電話:0554-45-7811 FAX:0554-45-7807 電子メール yukine6936@yahoo.co.jp (桜井)

※流域協議会は、桂川相模川流域の数多くの市民・市民団体が主体的に  山梨・神奈川両県や流域市町村、事業者とパートナーシップを結び活動してい ます。

<プロフィール>
鎌仲ひとみ(kamanaka Hitomi)〜映像作家〜早稲田大学卒業と同時にドキュメンタリー映画制作の現場へ。 90年最初の作品「スエチャおじさん」を監督、同年文化庁の助成を受けてカ ナダ国立映画制作所へ。 93年からNYのペーパータイガーに参加して メディア・アクティビスト活動。 95年帰国以来、フリーの映像作家としてテレビ、映画の監督をつとめる。主にNHKで「エンデの遺言―根源からお金を問う」など番組を多数監督。 2003年ドキュメンタリー映画「ヒバクシャー世界の終わりに」を監督。国内 外で受賞、全国400ヶ所で上映。2006年「六ヶ所村ラプソディー」は国内外650ヶ 所で上映。 2010年に最新作「ミツバチの羽音と地球の回転」を完成、目下全国500ヶ 所、海外でも上映が進んでいる。2011年度全国映連賞・監督賞受賞。 2012年DVD「内部被ばくを生き抜く」発売開始。多摩美術大学非常勤講師。 著作に「ヒバクシャ ドキュメンタリーの現場から」「六ヶ所村ラプソディー ド キュメンタリー現在進行形」共著に「ドキュメンタリーの力」「内部被曝の脅 威」「今こそ、エネルギーシフト」など。
長谷川羽衣子(Hasegawa Uiko) 〜e-みらい構想 代表〜奈良女子大学卒業、上智大学大学院修士課程修了。2011 年3 月の震災と原子力 発電所の事故を受け、若手研究者・学生などと共に、持続可能なエネルギー・環 境の研究・実現を目的としたNGO 「e-みらい構想」を設立、代表を務める。 2012年3月10 日、6000 人が参加した脱原発集会&デモ「バイバイ原発3.10 京 都」の呼びかけ人のひとり。 大飯原発再稼働問題では、原発のない社会を住民と共に考えるため、地元おおい 町で「もうひとつの住民説明会」を開催したほか、現地に何度も赴き対話を続けた。著書に『原発ゼロ〜私たちの選択〜』かもがわ出版、2012 年(共著:安斎 育郎・飯田哲也・大島堅一・長谷川羽衣子)
池辺潤一(Ikebe Junichi )〜藤野電力メンバー〜持続可能なライフスタイルをデザインする建築設計士。トランジション藤野メンバー 藤野地域通貨「よろづ屋」運営事務局藤野電力とは、自然や里山の資源を見直 し、自立分散型の自然エネルギーを地域で取り組む活動です。そして目指 すも のは、エネルギーシステムの移行自体より、むしろそれによってもたらされる、 地域の豊かな未来なのです。



2012年08月09日

8月31日 みどりのエネルギーと暮らし 


 8月31日(金)に開催されるイベントの紹介です。
 場所は相模原市の橋本にて。

 映画監督の鎌仲ひとみさんが「私たちが選ぶエネルギーの未来」と題して講演。

 緑の党 共同代表に就任した長谷川羽衣子さんの「我が家は節電所」
 藤野電力の池部潤一さんの「藤野電力の試み」と題したお話もあります。

参加申し込みは・・・
 神奈川県環境農政局・緑部 水源環境保全課内 桂川相模川流域協議会事務局
 TEL 045-210-4358 FAX 045-210-8855

 チャンプールも東林間測定室も共催に名前を連ねていますが、仕事に都合をつけられるかどうか・・・


みどりの1.jpg 
          みどりの2.jpg

みどりのエネルギーと.pdf


2012年05月02日

6/9 「エネルギーは市民が選ぶ・創る時代へ」


 「エネルギーは市民が選ぶ・創る時代へ」と題して 藤野電力代表 小田嶋さんにお話しを聴く会を催します。

 藤野電力とは、中央集権化したエネルギーどう自分たちのものに取り戻していくかをテーマに活動する相模原市緑区藤野のグループです。
 詳細は、
      http://fujinodenryoku.jimdo.com/藤野電力とは/ を参照してください。

 代表の小田嶋さんに、お話しをお聴きします。

6月9日(土)14:00〜16:00
町田市 コメット3Fホール


0609 1.jpg

           0609 2.jpg

講演会チラシ.pdf
講演会チラシ_裏.pdf


「福島 六ケ所 未来への伝言」の監督 島田恵さんと話そう



 5月19日(土)の開催です。13:00〜16:00
 ところは相模原市南区東林公民館。

 スペースにかぎりがありますので、酸化申し込みをおねがいします。
0519 .jpg

              0519 2.jpg

チラシ0519.pdf