•  商品情報については、別ブログ champool daily news http://champool-daily.seesaa.net/ を開設しましたので、そちらもごらんください。
  •  週刊便り“晴耕雨読”、加工品リストなどはPDFファイルにてアップしています。

2010年12月13日

チャレンジ!!  手前味噌


 年内の麹の注文は締め切りました。
 来年につきましては、年内中にご予約いただき、1月20日からのお渡しとなります。
 3月第1週までの取り扱いとなる予定です。
 完全受注生産ですので、お時間を頂きます。

 例年と同じものですが、味噌作りのレシピ集をお届けします。
 そして味噌作りに便利な道具、3月のひな祭りに合わせた雑貨類のチラシ、注文書を年内にお配りします。

 昨年チャンプールで作った50キロ近い味噌は大好評。とても美味しかったので、来年2月にみんなで作ってみようと、味噌作り会を予定しています。
 少しの量を作るより、沢山作った方がおいしいので、作った味噌は大きな容器でチャンプールが管理し、出来上がってからお渡しする、というシステムです。
 詳細は後日お知らせします。

miso (Large).jpg

味噌チラシ.pdf

 大内塗のお雛様、とてもかわいいですよ。
2011味噌_IT_裏 (Large).jpg

            2011味噌_IT_表 (Large).jpg




posted by チャンプール at 16:38| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

干し芋のてんぷら?


 実家の母親から電話。またまた長電話だ・・・  

 電話の内容はいつものごとく。一人暮らしだから、話しは聞いてやらなければならないが、病院のこと、誕生日のこと、がメインとなるが、だいたいいつもと同じことが多い。

 先日、川又の干し芋を送ったら、20パックも送って寄越せというので、送ったが、もう配りきったという。また送れというが、完売済み。
 その中でおもしろい話し。

 固い干し芋はてんぷらにするとおいしい、という。へえ、初耳。いつか試してみよう。

posted by チャンプール at 20:46| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

ブラウニーの簡単レシピ


 バレンタインでなくても美味しいブラウニーがいただきたい・・・
 チヤンプールではこの時期、くろうさぎとサンラピスのブラウニーを扱っていますが、手作りでも簡単ですから、是非チャレンジしてみませんか。


材料(20cm角型1個分)  
 ミルクチョコレート・・・100g、バター・・・50g、くるみ・・・適量、卵・・・1個、牛乳・・・1/4カッ プ、洗双糖・・・50g、薄力粉・・・50g、ココアパウダー・・・20g、ベーキングパウダー・・・  小さじ1/2
作り方
@ 薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。型にオーブンシ ートをしく。くるみは砕いておく。
A チョコレートを刻み、バターを合わせてボウルに入れ、湯せんにかけて溶かす。
B 卵をボウルに割りほぐし、洗双糖を加えて軽く泡立てる。牛乳を加えて泡立て器で混ぜ  る。
C @の粉を加えてさっくりと混ぜる。
D Aを加えてよく混ぜ、半量のくるみを入れて軽く混ぜる。
E 型に生地を流し込み、残りのくるみを散らして、170℃に予熱したオーブンで20〜25分 焼く。

 材料は、チャンプールですべて揃います。

posted by チャンプール at 17:05| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

手前味噌を作ろう


miso (Large).jpg

 もう何年も使っている味噌作りのチラシ。
 自給の邑の頃、シャープのワープロ書院のDTP機能を利用して作ったチラシが元になっている。
 テキストのみをMSDOS変換機能を利用してコンピュータで利用できるテキストファイルに変換し、ワードに移植したとても歴史あるチラシ。

 ファイルとしてコンピュータ内部に保存してあり、必要な時に呼び出せるので、とても便利。

 季節になると、毎年このチラシのファイルを開き、印刷してお配りする。
 今年は初めてウエブ上にも公開。
 jpg、PDFの2種類の形式でアップします。

味噌チラシ.pdf

 実際のお味噌作りは、来年の仕事とする方が多いと思いますが、早めにアップしました。

 イシイファームの大豆も、近々入荷の予定です。
 また、味噌作りに便利な道具たちのご注文も承ります。
 カラーチラシを後日お届けします。


posted by チャンプール at 03:01| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

長芋



 つる性の多年草で地下に深くもぐる芋が食用となる。つるは右巻きで3メートルにもなる。葉脈にむかごをつけ、この部分も食用となる。通常ながいもは雌雄異株である。
 原産は中国。日本では縄文後期より栽培されていたといわれ、正倉院の文書などにも記載されている。山野に自生する自然薯は日本原産のいもである。
 ながいもの栄養価は、デンプンと粘質が主成分となるが、粘質はムチン、マンナンで精力強化の効果がある。ビタミンB1・B2・Cの他、鉄、カルシウムなどのミネラル、食物繊維が豊富である。デンプンを消化するジアスターゼは大根より多く、消化酵素のアミラーゼも多い。


 二平汁
材料(4人分) ながいも・・・200g  塩・・・小さじ1/4    大根おろし・・・大さじ8  だし・・・5カッ  プ  酒・・・大さじ1  醤油・・・大さじ2  塩・・・小さじ2/3  豆腐・・・1丁
作り方
(1)ながいもは皮をむいて酢水にしばらくつけて水気をふき取って、すり鉢でおろす。塩少々 と大根おろし汁を少しずつ加えながら混ぜてとろろ汁位の濃度にのばす。
(2)だしを火にかけ、煮立てば塩、醤油で調味し、7〜8ミリの拍子木に切った豆腐を入れ、  ひと煮立ちしたら椀に盛る。上にながいもをふんわり落とし、あれば葱のみじん切りを散らす。 


 ながいもといか 
 いかの皮をむいて、糸切り。
 ながいも300gは皮をむいて千切り。
 酢大さじ3と塩小さじ1/2を合わせていかとながいもを和える。もみのりをちらし、ワサビを添える。 


わかめ酢 
 わかめをもどして包丁でたたいてドロドロになれば3杯酢と合わせる。 
 ながいもは皮をむいて千切りにし、酢水につけてぬめりをとり、器に盛ってわかめ酢をかけ、鉢生姜を天盛りにする。  


ながいものおろし揚げ
材料(4〜5人)  ながいも・・・30センチ位  カタクリ粉・・・大さじ2  塩・・・小さじ1   葛あん    水・・・1/2カップ  醤油・・・大さじ2    洗双糖・・・小さじ2  葛またはカタクリ粉・・・小さじ1
作り方
(1)ながいもは皮のまますりおろし、塩とカタクリ粉大さじ2を混ぜ合わせる。
(2)揚げ油を熱し、大さじなどですくって油の中に落とし、うっすらときつね色になるまで中火 でゆっくり揚げ。
(3)くずあんを作る。水と分量の調味料を合わせ、火にかけ、水溶きのカタクリ粉または葛粉 ででとろみを付ける。揚げたてのながいもの上にかける。
※ながいもをおろさずに、そのまま短冊に切って揚げてもしゃっきりとおいしいですよ。  


ながいもの煮付け
材料(4人分) ながいも・・・500g  酢・・・少々  調味料    醤油・・・大さじ1  洗双糖・・・大さ じ1  塩・・・小さじ1    みりん・・・大さじ1  だし11/2カップ
作り方
(1)ながいもは厚い輪切りにして、皮をむいて1.5センチ位の輪切りにして酢水につける。
(2)鍋にながいもを入れ、調味料とだしを入れて火にかけ、煮立つまでは強火、煮立てば中 火にし、ゆっくり煮含ませる。煮汁が少し残る程度まで。  


ながいもとたらこ
 たらこの皮をとってほぐし、酒少々でのばして、千切りのながいもをさっと和える。  


蒸し菓子
材料 ながいも・・・100g  塩・・・小さじ1  全粒粉・・・150g  蜂蜜・・・2/3カップ  水・・・2/3カ ップ    干しぶどう・・・50g
作り方
(1)すりおろしたながいもに蜂蜜、塩、水を加えて、なめらかになるまでする。
(2)(1)に全粒粉を加えてさっくり混ぜ、型に流す。干しぶどうを飾る。
(3)蒸し器で20分くらい蒸す。  


まんじゅう
材料 地粉・・・400g  ながいも・・・300g  小豆・・・1カップ  塩・・・小さじ1  洗双糖・・・100~150g
作り方
(1)ながいもは皮をむいてすりおろし、地粉をふるいこみ、耳たぶより柔らかめにこねて濡れ 布巾をかけて休ませる。
(2)小豆を炊く。4倍の水で煮て、3〜4回さし水をして柔らかく煮て、洗双糖、塩を加える。
(3)小豆あんを(1)で包む。カタクリ粉をつけると丸めやすい。
(4)蒸し器に並べて25〜30分強火で蒸す。


とろろ雑煮
材料  人参 ジャガ芋 玉ねぎ もち・・・一人2〜3個  ながいも・・・40g  のり  だし
作り方
(1)だし汁に野菜を入れ、コトコト炊く。野菜が煮えたら味噌を入れる。
(2)もちを焼いて(1)のなかに入れる。
(3)汁ともちを椀に注ぎ、上からながいものすりおろしてものをかけ、もみのり、葱などをのせて食べる。  


ながいもきんとん
材料 ながいも・・・400g  塩・・・小さじ1/2  洗双糖・・・大さじ5  みりん・・・大さじ5  水・・・1 カップ
作り方
(1)ながいもは皮をむいて、卵1個位の大きさに切る。
(2)鍋に鍋にを入れ、洗双糖、みりん、塩と水を加えて煮る。
(3)水気がなくなれば、布巾にとってつぶしてから茶巾にしぼる。


 

posted by チャンプール at 22:17| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

チャレンジ!!  手前味噌


 年内の麹の注文は締め切りました。
 来年につきましては、年内中にご予約いただき、1月20日からのお渡しとなります。
 3月第1週までの取り扱いとなる予定です。
 完全受注生産ですので、お時間を頂きます。

 例年と同じものですが、味噌作りのレシピ集をお届けします。
 そして味噌作りに便利な道具、3月のひな祭りに合わせた雑貨類のチラシ、注文書を年内にお配りします。

 昨年チャンプールで作った50キロ近い味噌は大好評。とても美味しかったので、来年2月にみんなで作ってみようと、味噌作り会を予定しています。
 少しの量を作るより、沢山作った方がおいしいので、作った味噌は大きな容器でチャンプールが管理し、出来上がってからお渡しする、というシステムです。
 詳細は後日お知らせします。

miso (Large).jpg

味噌チラシ.pdf

 大内塗のお雛様、とてもかわいいですよ。
2011味噌_IT_裏 (Large).jpg

            2011味噌_IT_表 (Large).jpg




posted by チャンプール at 16:38| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

干し芋のてんぷら?


 実家の母親から電話。またまた長電話だ・・・  

 電話の内容はいつものごとく。一人暮らしだから、話しは聞いてやらなければならないが、病院のこと、誕生日のこと、がメインとなるが、だいたいいつもと同じことが多い。

 先日、川又の干し芋を送ったら、20パックも送って寄越せというので、送ったが、もう配りきったという。また送れというが、完売済み。
 その中でおもしろい話し。

 固い干し芋はてんぷらにするとおいしい、という。へえ、初耳。いつか試してみよう。

posted by チャンプール at 20:46| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

ブラウニーの簡単レシピ


 バレンタインでなくても美味しいブラウニーがいただきたい・・・
 チヤンプールではこの時期、くろうさぎとサンラピスのブラウニーを扱っていますが、手作りでも簡単ですから、是非チャレンジしてみませんか。


材料(20cm角型1個分)  
 ミルクチョコレート・・・100g、バター・・・50g、くるみ・・・適量、卵・・・1個、牛乳・・・1/4カッ プ、洗双糖・・・50g、薄力粉・・・50g、ココアパウダー・・・20g、ベーキングパウダー・・・  小さじ1/2
作り方
@ 薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。型にオーブンシ ートをしく。くるみは砕いておく。
A チョコレートを刻み、バターを合わせてボウルに入れ、湯せんにかけて溶かす。
B 卵をボウルに割りほぐし、洗双糖を加えて軽く泡立てる。牛乳を加えて泡立て器で混ぜ  る。
C @の粉を加えてさっくりと混ぜる。
D Aを加えてよく混ぜ、半量のくるみを入れて軽く混ぜる。
E 型に生地を流し込み、残りのくるみを散らして、170℃に予熱したオーブンで20〜25分 焼く。

 材料は、チャンプールですべて揃います。

posted by チャンプール at 17:05| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

手前味噌を作ろう


miso (Large).jpg

 もう何年も使っている味噌作りのチラシ。
 自給の邑の頃、シャープのワープロ書院のDTP機能を利用して作ったチラシが元になっている。
 テキストのみをMSDOS変換機能を利用してコンピュータで利用できるテキストファイルに変換し、ワードに移植したとても歴史あるチラシ。

 ファイルとしてコンピュータ内部に保存してあり、必要な時に呼び出せるので、とても便利。

 季節になると、毎年このチラシのファイルを開き、印刷してお配りする。
 今年は初めてウエブ上にも公開。
 jpg、PDFの2種類の形式でアップします。

味噌チラシ.pdf

 実際のお味噌作りは、来年の仕事とする方が多いと思いますが、早めにアップしました。

 イシイファームの大豆も、近々入荷の予定です。
 また、味噌作りに便利な道具たちのご注文も承ります。
 カラーチラシを後日お届けします。


posted by チャンプール at 03:01| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

長芋



 つる性の多年草で地下に深くもぐる芋が食用となる。つるは右巻きで3メートルにもなる。葉脈にむかごをつけ、この部分も食用となる。通常ながいもは雌雄異株である。
 原産は中国。日本では縄文後期より栽培されていたといわれ、正倉院の文書などにも記載されている。山野に自生する自然薯は日本原産のいもである。
 ながいもの栄養価は、デンプンと粘質が主成分となるが、粘質はムチン、マンナンで精力強化の効果がある。ビタミンB1・B2・Cの他、鉄、カルシウムなどのミネラル、食物繊維が豊富である。デンプンを消化するジアスターゼは大根より多く、消化酵素のアミラーゼも多い。


 二平汁
材料(4人分) ながいも・・・200g  塩・・・小さじ1/4    大根おろし・・・大さじ8  だし・・・5カッ  プ  酒・・・大さじ1  醤油・・・大さじ2  塩・・・小さじ2/3  豆腐・・・1丁
作り方
(1)ながいもは皮をむいて酢水にしばらくつけて水気をふき取って、すり鉢でおろす。塩少々 と大根おろし汁を少しずつ加えながら混ぜてとろろ汁位の濃度にのばす。
(2)だしを火にかけ、煮立てば塩、醤油で調味し、7〜8ミリの拍子木に切った豆腐を入れ、  ひと煮立ちしたら椀に盛る。上にながいもをふんわり落とし、あれば葱のみじん切りを散らす。 


 ながいもといか 
 いかの皮をむいて、糸切り。
 ながいも300gは皮をむいて千切り。
 酢大さじ3と塩小さじ1/2を合わせていかとながいもを和える。もみのりをちらし、ワサビを添える。 


わかめ酢 
 わかめをもどして包丁でたたいてドロドロになれば3杯酢と合わせる。 
 ながいもは皮をむいて千切りにし、酢水につけてぬめりをとり、器に盛ってわかめ酢をかけ、鉢生姜を天盛りにする。  


ながいものおろし揚げ
材料(4〜5人)  ながいも・・・30センチ位  カタクリ粉・・・大さじ2  塩・・・小さじ1   葛あん    水・・・1/2カップ  醤油・・・大さじ2    洗双糖・・・小さじ2  葛またはカタクリ粉・・・小さじ1
作り方
(1)ながいもは皮のまますりおろし、塩とカタクリ粉大さじ2を混ぜ合わせる。
(2)揚げ油を熱し、大さじなどですくって油の中に落とし、うっすらときつね色になるまで中火 でゆっくり揚げ。
(3)くずあんを作る。水と分量の調味料を合わせ、火にかけ、水溶きのカタクリ粉または葛粉 ででとろみを付ける。揚げたてのながいもの上にかける。
※ながいもをおろさずに、そのまま短冊に切って揚げてもしゃっきりとおいしいですよ。  


ながいもの煮付け
材料(4人分) ながいも・・・500g  酢・・・少々  調味料    醤油・・・大さじ1  洗双糖・・・大さ じ1  塩・・・小さじ1    みりん・・・大さじ1  だし11/2カップ
作り方
(1)ながいもは厚い輪切りにして、皮をむいて1.5センチ位の輪切りにして酢水につける。
(2)鍋にながいもを入れ、調味料とだしを入れて火にかけ、煮立つまでは強火、煮立てば中 火にし、ゆっくり煮含ませる。煮汁が少し残る程度まで。  


ながいもとたらこ
 たらこの皮をとってほぐし、酒少々でのばして、千切りのながいもをさっと和える。  


蒸し菓子
材料 ながいも・・・100g  塩・・・小さじ1  全粒粉・・・150g  蜂蜜・・・2/3カップ  水・・・2/3カ ップ    干しぶどう・・・50g
作り方
(1)すりおろしたながいもに蜂蜜、塩、水を加えて、なめらかになるまでする。
(2)(1)に全粒粉を加えてさっくり混ぜ、型に流す。干しぶどうを飾る。
(3)蒸し器で20分くらい蒸す。  


まんじゅう
材料 地粉・・・400g  ながいも・・・300g  小豆・・・1カップ  塩・・・小さじ1  洗双糖・・・100~150g
作り方
(1)ながいもは皮をむいてすりおろし、地粉をふるいこみ、耳たぶより柔らかめにこねて濡れ 布巾をかけて休ませる。
(2)小豆を炊く。4倍の水で煮て、3〜4回さし水をして柔らかく煮て、洗双糖、塩を加える。
(3)小豆あんを(1)で包む。カタクリ粉をつけると丸めやすい。
(4)蒸し器に並べて25〜30分強火で蒸す。


とろろ雑煮
材料  人参 ジャガ芋 玉ねぎ もち・・・一人2〜3個  ながいも・・・40g  のり  だし
作り方
(1)だし汁に野菜を入れ、コトコト炊く。野菜が煮えたら味噌を入れる。
(2)もちを焼いて(1)のなかに入れる。
(3)汁ともちを椀に注ぎ、上からながいものすりおろしてものをかけ、もみのり、葱などをのせて食べる。  


ながいもきんとん
材料 ながいも・・・400g  塩・・・小さじ1/2  洗双糖・・・大さじ5  みりん・・・大さじ5  水・・・1 カップ
作り方
(1)ながいもは皮をむいて、卵1個位の大きさに切る。
(2)鍋に鍋にを入れ、洗双糖、みりん、塩と水を加えて煮る。
(3)水気がなくなれば、布巾にとってつぶしてから茶巾にしぼる。


 

posted by チャンプール at 22:17| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする