•  商品情報については、別ブログ champool daily news http://champool-daily.seesaa.net/ を開設しましたので、そちらもごらんください。
  •  週刊便り“晴耕雨読”、加工品リストなどはPDFファイルにてアップしています。

2012年07月19日

20120701 馬場利子さん講演会at宇宙食堂


 7月1日、横浜市旭区二俣川の宇宙食堂で開かれた静岡放射能測定室代表・馬場利子さんの講演会「日本に住む私たちが地球に優しく生きていくには」の動画をアップしました。

 最初の5分位、本体メモリー不足で録画できませんでした。

 ぜひ最後まで御覧ください。







静岡放射能測定室
http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/



posted by チャンプール at 06:37| 環境、エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

2月12日は大和でミツバチ上映会


 2月12日、大和市鶴間の大和市保健福祉センターで、ミツバチの羽音と地球の回転 上映・監督講演会が開催されます。

 午前、午後の2部校正で、いずれの会も監督 鎌仲ひとみさんの講演があります。

 チケットはチャンプールにもありますので、ご利用ください。

88-1.jpg


               88-2.jpg


「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会+鎌仲監督トーク in大和市  
     〜原発から卒業しよう。   安心して楽しく暮らせる未来のために、今つながろう。〜

日時 2012年 2月 12日 (日曜日)
場所 大和市鶴間1-31-7
会場 大和市保健福祉センターホール/大和市鶴間1-31-7 小田急江ノ島線「鶴間駅」下車、徒歩5分
【プログラム】 〈午前の部〉 開場 9:30  上映 9:50〜12:05         
                           監督トーク 12:15〜13:15
         〈午後の部〉 開場 14:00 上映 14:20〜16:35
                            監督トーク 16:45〜17:45
【参加費】前売り1000円/当日1200円/学割有:主催者にお問合せ下さい
【主催】大和ぶんぶんプロジェクト http://yamatobunbun.blog.fc2.com/
【協賛】さがみ生活クラブ生活協同組合、なないろばたけ
【後援】大和市、大和市教育委員会
【保育】午前あり  
 ※午後ご相談ください 要予約500円(1歳半〜未就学児) 保育申し込み ⇒末吉/ 090-4976-1786/kidsintheforest●yahoo.co.jp
【問合せ先】篠沢/046-208-7115/yamatobunbun●yahoo.co.jp ●を@にしてください

http://yamatobunbun.blog.fc2.com/

予告編


オフィシャルサイト
http://888earth.net/top.html



 

posted by チャンプール at 14:46| 環境、エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

脱原発世界会議


 さて、1月14日、15日はパシフィコ横浜で脱原発世界会議の開催です。


           kaigi.jpg

http://npfree.jp/


 詳細はウエブページを観ていただくことにして、是非とも覗いておきたい持ち込み企画、ブースをいくつか紹介します。



反核屋 Presents zodiac nova,
            pop-machine & contemporary system + 類家心平

15日持ち込み企画 211+212号室 15:30〜17:00
青森県八戸市でSTOP再処理に動きつづけているYAM(山内雅一)と震災までは石巻で共に活動していた武藤北斗を中心に311以降に脱原発で動き始めた人へ、TALKと音楽で伝えていく。

反核グッズ MARKET 303号室
カワイイ反核、おしゃれに反核、過激に反核、笑って反核。人生いろいろ 反核グッヅイロイロあります。 子供のお絵かきスペース設置、大人に子供の想像力を見せつけます。
反核屋

  上記2つの企画はピースランドの山内さんの演奏と出店。チャンプールにもいらっしゃい ました。脱原発のポスターなど描いていらっしゃいます。



みんなの放射線測定室「てとてと」の設立とこれから/
                               宮城県南部で生き抜くために

15日持ち込み企画 413号室  13:40〜15:10
原発震災で放射能と向き合う暮らしを余儀なくされた私たち…。この放射能時代を生き抜くために、宮城県南部で市民と農家のための放射線測定室を開設しました。自然にそった暮らし、安全な食生活を願ってきた生産者の我々も、消費者も前を向いて生きていくために、測って生産する、出荷する、購入する、食べるが、標準になることでしょう。

  勇気野菜プロジェクトの便で必ずお寄りすることになっているKさんも参加している測定  室の持ち込み企画です。木灰の計測をしてみよう、とのことです。



横浜市民の下水汚泥処理問題への取り組み 303号室
横浜でも下水汚泥焼却灰に放射性物質が集まり溜まり続け、市は灰の東京湾内処分場への埋立を発表しました。私たちはこれに疑問の声をあげた市民の集まりです。幸い処分は凍結。今は凝縮した放射性物質を再拡散させないよう市への働きかけを続けています。
南本牧処分場への放射性焼却灰海面埋め立てに反対する会

  埋立地に焼却灰を埋め立てる計画は海を汚染することになります。みんなで声をあげま しょう。



ちょっとマッタ!魚缶ODA 303号室
え〜〜っ?!被災地の魚を缶詰にして途上国に提供する予算が可決されちゃったよ!「ちょっとマッター」と取材してきた経過と見えてきた仕組みを元バスケ選手と愉快な仲間たちが力を合わせて展示します。多様な議論が生まれる事を願いつつ・・☆
キャメロンと愉快な仲間たち

  2月から3月にかけて祝島からのユースト実況で知り合ったキャメロン。自宅はなんと私 の通勤路の途中でした。そんな縁でチャンプールにも何度かご来店。いつかキャメロンのお話会をしたいと考えつつ・・・



「放射能の時代を生るためにー非暴力直接行動の思想に学ぶ」 303号室
権力への文化変容を合法的に求める「非暴力直接行動」。ガンジーやキング牧師の思想を背景に、映像や座談で、合意形成のメソッドやその実践の歴史、また実際の活動から共に学ぶ場を開きます。
HANET(非暴力アクションネット)+•非暴力平和隊日本+•勇気野菜プロジェクト+•非暴力アクションネット神奈川+•スペース・オルタ

  私も15日には測定機を持っていきます。



 たくさん人がきて、出会いがあるとよいですね。

 パシフィコ横浜、行ったことないんで、どうやっていこうかな、思案中。荷物重いし・・・


posted by チャンプール at 17:49| 環境、エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

2011年11月09日

馬場さんから拡散のお願いがありました


 静岡放射能汚染測定室の馬場利子さんより、拡散!!依頼がありましたので、みなさんの賛同をお願いするものです。

以下転載です

    2011年11月9日 朝
                                                馬場 利子記
皆さんに、緊急の呼びかけをさせていただきます。
『測定室だより』の表紙のイラストを描いてくださっている清重伸之さんより、
署名への参加を呼び掛けるメールを送ってくださいました。

この署名は、世界の諸問題にアクションを起こしている AVAAZ.org(http://www.avaaz.org/en/index.php
によるもので、福島の母親たちが子どもたちを避難させるよう国に要求する抗議行動への賛同の署名です。

以下に英文を訳した呼びかけを転記します。

****日本語版****

日本在住の皆様へ

福島の勇気あるお母さん達が、自分の子供達を避難させる為に抗議行動を始めました。
しかし 、日本政府はこれらの人々の避難に対して何らの援助も行っていません。
福島の子供達を守る為に、大規模な国民の抗議が総理大臣を説得できる唯一の手段です。
二日後に日本政府はこの問題について緊急会議を開催します。福島の子供たちをサポートしよう!

プレッシャーを感じ始め、日本政府は48時間後に緊急会議を開催する予定です。
福島の母親と子供たちをサポートしよう!
子供達の健康と未来のために嘆願書に署名し、できるだけ多くの人にこのメールを転送しよう。
2万人分の署名が集まり次第、嘆願書は野田総理大臣に直接届けられる。

http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children

我が国は今、選択すべき時にある。
家族の価値観を大切にし、全ての子供たちの未来のために国家を再建していくか、
困難に直面する人々に対して、このまま見て見ぬ振りを続け見捨てるか。
福島に住む家族には一刻の猶予もない。日々大量の放射能を浴び、深刻な健康被害のリスクを高めている。

長期的な放射線被曝は、今日の子供たちだけでなく、
その子供たちの子供たちまで、何世代にもわたって悲惨な影響をもたらす。
チェルノブイリの事故後、旧ソ連は現在日本で問題となっている地域よりもはるかに低い放射能汚染地区の住人も避難させた。
放射能で汚染された地域に取り残された福島市の子供たちは、
自主避難に対する政府の援助無しに、この健康を脅かす深刻な状況から抜け出すことはできない。
それにもかかわらず、日本政府は
汚染レベルが25年前のチェルノブイリ事故後に旧ソビエト政府が強制避難地区に設定した基準の4倍に達するまで、
避難地区の対象としない。

何万もの日本人が力を合わせてこの状況に警報を鳴らせば、
情勢を変え多くの家族に希望をもたらすことができる。
日本の皆で共に抗議の声を上げ、野田総理大臣に国の信用に関わる問題であることを示し、
立ち上がって人々の命を救うよう説得しよう。
緊急会議は二日後に開催されます– 今すぐ嘆願書にあなたの署名を!ご家族やお友人にこのメールを転送してください。

http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children

3月11日、大地震に見舞われた日本は、今もまだその破壊の規模を受け入れようとしている。
しかしこの荒廃の中に、国家再建のチャンスがある。
私たちの国は今までにないほど団結し、日本のすべての人々のために、よりよい国にしていこうと行動し始めている。
今こそ日本の子供たちとその子供たちの子供たちのために、健全な未来の土台を作っていこう。

希望を込めて

Luis, Dalia, Iain, Antonia, Carol, Emma, Ricken, Diego,その他Avaazチーム一同より

女性達の反核デモ。
http://www.nipponnews.net/news/womens-anti-nuke-demonstration

フェースブックページ 福島女性たちの座り込み。
http://ja-jp.facebook.com/notes/namida-project/fukushima-womens-sit-in/214560515280077

特集ワイド:女たちの脱原発 座り込み集会ルポ (毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111102dde012040025000c.html

全国女たちの座り込み! (市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=11124

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

呼びかけは以上です。
どうぞ、賛同を検討ください。

私も、放射線量の高い地域で、子どたちが暮らすことを何よりも憂慮しています。
本来は、国が避難地域をもっと広範囲に指定し、
すべての責任と保障を持って子どもたち、いえ、国民の安全を守るべきだと考えます。

心ある人々が私たち日本の再生を後押ししてくれています。
勇気をもって、進むときを迎えています。
このチャンスに、私たちの心(暮らし)と社会システムのスイッチを切り替えたいと切望します。

posted by チャンプール at 16:47| 環境、エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

20120701 馬場利子さん講演会at宇宙食堂


 7月1日、横浜市旭区二俣川の宇宙食堂で開かれた静岡放射能測定室代表・馬場利子さんの講演会「日本に住む私たちが地球に優しく生きていくには」の動画をアップしました。

 最初の5分位、本体メモリー不足で録画できませんでした。

 ぜひ最後まで御覧ください。







静岡放射能測定室
http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/



posted by チャンプール at 06:37| 環境、エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

2月12日は大和でミツバチ上映会


 2月12日、大和市鶴間の大和市保健福祉センターで、ミツバチの羽音と地球の回転 上映・監督講演会が開催されます。

 午前、午後の2部校正で、いずれの会も監督 鎌仲ひとみさんの講演があります。

 チケットはチャンプールにもありますので、ご利用ください。

88-1.jpg


               88-2.jpg


「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会+鎌仲監督トーク in大和市  
     〜原発から卒業しよう。   安心して楽しく暮らせる未来のために、今つながろう。〜

日時 2012年 2月 12日 (日曜日)
場所 大和市鶴間1-31-7
会場 大和市保健福祉センターホール/大和市鶴間1-31-7 小田急江ノ島線「鶴間駅」下車、徒歩5分
【プログラム】 〈午前の部〉 開場 9:30  上映 9:50〜12:05         
                           監督トーク 12:15〜13:15
         〈午後の部〉 開場 14:00 上映 14:20〜16:35
                            監督トーク 16:45〜17:45
【参加費】前売り1000円/当日1200円/学割有:主催者にお問合せ下さい
【主催】大和ぶんぶんプロジェクト http://yamatobunbun.blog.fc2.com/
【協賛】さがみ生活クラブ生活協同組合、なないろばたけ
【後援】大和市、大和市教育委員会
【保育】午前あり  
 ※午後ご相談ください 要予約500円(1歳半〜未就学児) 保育申し込み ⇒末吉/ 090-4976-1786/kidsintheforest●yahoo.co.jp
【問合せ先】篠沢/046-208-7115/yamatobunbun●yahoo.co.jp ●を@にしてください

http://yamatobunbun.blog.fc2.com/

予告編


オフィシャルサイト
http://888earth.net/top.html



 

posted by チャンプール at 14:46| 環境、エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

脱原発世界会議


 さて、1月14日、15日はパシフィコ横浜で脱原発世界会議の開催です。


           kaigi.jpg

http://npfree.jp/


 詳細はウエブページを観ていただくことにして、是非とも覗いておきたい持ち込み企画、ブースをいくつか紹介します。



反核屋 Presents zodiac nova,
            pop-machine & contemporary system + 類家心平

15日持ち込み企画 211+212号室 15:30〜17:00
青森県八戸市でSTOP再処理に動きつづけているYAM(山内雅一)と震災までは石巻で共に活動していた武藤北斗を中心に311以降に脱原発で動き始めた人へ、TALKと音楽で伝えていく。

反核グッズ MARKET 303号室
カワイイ反核、おしゃれに反核、過激に反核、笑って反核。人生いろいろ 反核グッヅイロイロあります。 子供のお絵かきスペース設置、大人に子供の想像力を見せつけます。
反核屋

  上記2つの企画はピースランドの山内さんの演奏と出店。チャンプールにもいらっしゃい ました。脱原発のポスターなど描いていらっしゃいます。



みんなの放射線測定室「てとてと」の設立とこれから/
                               宮城県南部で生き抜くために

15日持ち込み企画 413号室  13:40〜15:10
原発震災で放射能と向き合う暮らしを余儀なくされた私たち…。この放射能時代を生き抜くために、宮城県南部で市民と農家のための放射線測定室を開設しました。自然にそった暮らし、安全な食生活を願ってきた生産者の我々も、消費者も前を向いて生きていくために、測って生産する、出荷する、購入する、食べるが、標準になることでしょう。

  勇気野菜プロジェクトの便で必ずお寄りすることになっているKさんも参加している測定  室の持ち込み企画です。木灰の計測をしてみよう、とのことです。



横浜市民の下水汚泥処理問題への取り組み 303号室
横浜でも下水汚泥焼却灰に放射性物質が集まり溜まり続け、市は灰の東京湾内処分場への埋立を発表しました。私たちはこれに疑問の声をあげた市民の集まりです。幸い処分は凍結。今は凝縮した放射性物質を再拡散させないよう市への働きかけを続けています。
南本牧処分場への放射性焼却灰海面埋め立てに反対する会

  埋立地に焼却灰を埋め立てる計画は海を汚染することになります。みんなで声をあげま しょう。



ちょっとマッタ!魚缶ODA 303号室
え〜〜っ?!被災地の魚を缶詰にして途上国に提供する予算が可決されちゃったよ!「ちょっとマッター」と取材してきた経過と見えてきた仕組みを元バスケ選手と愉快な仲間たちが力を合わせて展示します。多様な議論が生まれる事を願いつつ・・☆
キャメロンと愉快な仲間たち

  2月から3月にかけて祝島からのユースト実況で知り合ったキャメロン。自宅はなんと私 の通勤路の途中でした。そんな縁でチャンプールにも何度かご来店。いつかキャメロンのお話会をしたいと考えつつ・・・



「放射能の時代を生るためにー非暴力直接行動の思想に学ぶ」 303号室
権力への文化変容を合法的に求める「非暴力直接行動」。ガンジーやキング牧師の思想を背景に、映像や座談で、合意形成のメソッドやその実践の歴史、また実際の活動から共に学ぶ場を開きます。
HANET(非暴力アクションネット)+•非暴力平和隊日本+•勇気野菜プロジェクト+•非暴力アクションネット神奈川+•スペース・オルタ

  私も15日には測定機を持っていきます。



 たくさん人がきて、出会いがあるとよいですね。

 パシフィコ横浜、行ったことないんで、どうやっていこうかな、思案中。荷物重いし・・・


posted by チャンプール at 17:49| 環境、エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

2011年11月09日

馬場さんから拡散のお願いがありました


 静岡放射能汚染測定室の馬場利子さんより、拡散!!依頼がありましたので、みなさんの賛同をお願いするものです。

以下転載です

    2011年11月9日 朝
                                                馬場 利子記
皆さんに、緊急の呼びかけをさせていただきます。
『測定室だより』の表紙のイラストを描いてくださっている清重伸之さんより、
署名への参加を呼び掛けるメールを送ってくださいました。

この署名は、世界の諸問題にアクションを起こしている AVAAZ.org(http://www.avaaz.org/en/index.php
によるもので、福島の母親たちが子どもたちを避難させるよう国に要求する抗議行動への賛同の署名です。

以下に英文を訳した呼びかけを転記します。

****日本語版****

日本在住の皆様へ

福島の勇気あるお母さん達が、自分の子供達を避難させる為に抗議行動を始めました。
しかし 、日本政府はこれらの人々の避難に対して何らの援助も行っていません。
福島の子供達を守る為に、大規模な国民の抗議が総理大臣を説得できる唯一の手段です。
二日後に日本政府はこの問題について緊急会議を開催します。福島の子供たちをサポートしよう!

プレッシャーを感じ始め、日本政府は48時間後に緊急会議を開催する予定です。
福島の母親と子供たちをサポートしよう!
子供達の健康と未来のために嘆願書に署名し、できるだけ多くの人にこのメールを転送しよう。
2万人分の署名が集まり次第、嘆願書は野田総理大臣に直接届けられる。

http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children

我が国は今、選択すべき時にある。
家族の価値観を大切にし、全ての子供たちの未来のために国家を再建していくか、
困難に直面する人々に対して、このまま見て見ぬ振りを続け見捨てるか。
福島に住む家族には一刻の猶予もない。日々大量の放射能を浴び、深刻な健康被害のリスクを高めている。

長期的な放射線被曝は、今日の子供たちだけでなく、
その子供たちの子供たちまで、何世代にもわたって悲惨な影響をもたらす。
チェルノブイリの事故後、旧ソ連は現在日本で問題となっている地域よりもはるかに低い放射能汚染地区の住人も避難させた。
放射能で汚染された地域に取り残された福島市の子供たちは、
自主避難に対する政府の援助無しに、この健康を脅かす深刻な状況から抜け出すことはできない。
それにもかかわらず、日本政府は
汚染レベルが25年前のチェルノブイリ事故後に旧ソビエト政府が強制避難地区に設定した基準の4倍に達するまで、
避難地区の対象としない。

何万もの日本人が力を合わせてこの状況に警報を鳴らせば、
情勢を変え多くの家族に希望をもたらすことができる。
日本の皆で共に抗議の声を上げ、野田総理大臣に国の信用に関わる問題であることを示し、
立ち上がって人々の命を救うよう説得しよう。
緊急会議は二日後に開催されます– 今すぐ嘆願書にあなたの署名を!ご家族やお友人にこのメールを転送してください。

http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children

3月11日、大地震に見舞われた日本は、今もまだその破壊の規模を受け入れようとしている。
しかしこの荒廃の中に、国家再建のチャンスがある。
私たちの国は今までにないほど団結し、日本のすべての人々のために、よりよい国にしていこうと行動し始めている。
今こそ日本の子供たちとその子供たちの子供たちのために、健全な未来の土台を作っていこう。

希望を込めて

Luis, Dalia, Iain, Antonia, Carol, Emma, Ricken, Diego,その他Avaazチーム一同より

女性達の反核デモ。
http://www.nipponnews.net/news/womens-anti-nuke-demonstration

フェースブックページ 福島女性たちの座り込み。
http://ja-jp.facebook.com/notes/namida-project/fukushima-womens-sit-in/214560515280077

特集ワイド:女たちの脱原発 座り込み集会ルポ (毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111102dde012040025000c.html

全国女たちの座り込み! (市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=11124

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

呼びかけは以上です。
どうぞ、賛同を検討ください。

私も、放射線量の高い地域で、子どたちが暮らすことを何よりも憂慮しています。
本来は、国が避難地域をもっと広範囲に指定し、
すべての責任と保障を持って子どもたち、いえ、国民の安全を守るべきだと考えます。

心ある人々が私たち日本の再生を後押ししてくれています。
勇気をもって、進むときを迎えています。
このチャンスに、私たちの心(暮らし)と社会システムのスイッチを切り替えたいと切望します。

posted by チャンプール at 16:47| 環境、エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする